『典獄と934人のメロス』12月2日刊行

tengoku
取材30年余り、執筆に要した年月は3年10ヶ月
 多くの人たちから情報をいただき、関係者からは特段の取材協力をいただきました。拾い集めた事実を取りまとめ、取捨選択し、読み物にまとめてくださったのは、2人の辣腕編集者でした。幸運というより、敷かれていた道をまっすぐ歩いて刊行に至ったという感想です。さて、本書のタイトルに用いた「メロス」は、言うまでもなく太宰治の「走れメロス」から取っています。

日没までには、まだ間がある。私を、待っている人があるのだ。少しも疑わず、静かに期待してくれている人があるのだ。私は、信じられている。私の命なぞは、問題ではない。死んでお詫び、などと気のいい事は言って居られぬ。私は、信頼に報いなければならぬ。いまはただその一事だ。走れ! メロス。(太宰治『走れメロス』より)

メロスは人の心を失った暴虐の王に対して友との信頼を証明するために走りました。本書のサキは兄の信頼を守るために走り、横浜刑務所の解放囚は典獄(刑務所長)の信頼に応えるために走りました。
 一方、私は運命めいた人のつながりによって走り、本書の刊行にたどりつきました。

「『典獄と934人のメロス』12月2日刊行」への2件のフィードバック

  1. 大変ご無沙汰しております。新潮社『新潮45』編集部でお世話になりました中島(高橋)麻美です。

    今日、自宅そばの山下書店にて、坂本さんの新著が大々的に平台に積まれているのを拝見し、ご活躍のご様子が嬉しくなりインターネットで検索してこちらのサイトをお見かけしました。

    これから楽しみに新著拝読させていただきます。

  2. 拝読いたしました。人は、人から信用されて、初めて人として当たり前に生きていけると思いました。人に信用されないとはどのくらい惨めな気持ちでしょうか。人から信用されるとは、どのくらい人を勇気づけることでしょうか。それに気づかせてくれた、本書に心より感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です