死刑についての徹底討論!?

そこまで言って委員会に出演して……

読売テレビで平成29年11月5日にOAされた『そこまで言って委員会』タイトルは「徹底討論日本の死刑制度」です。

委員会メンバー                     (反対派)田島陽子、鈴木邦男、須田慎一郎、小島慶子   (賛成派)長谷川幸洋、宮家邦彦、竹田恒泰、門田隆将     ゲスト                         (反対)森達也、木村健太郎               (賛成)諸澤英道、嵩原安三郎

収録は3時間余り、賛成反対それぞれの発言は正直って稚拙。大学学長、国会議員、有名評論家、弁護士など識者と呼ばれる人たちですが、話の内容は全く期待はずれでした。この人たちが語気を強めて2時間程度発言した内容の一例は次のとおり……

江戸時代の仇討ち                     死刑廃止国では問題とされない犯人射殺           現行の三審制の裁判を盲信!? 冤罪はありえない

その後、私が登場して死刑執行の現場の話や、官僚と司法関係者の思いなどを語り、委員会メンバーと議論しました。収録時間はOAの倍です。重要な論点がカットされていないことを願っていましたがどうだったのでしょう。

残念ながら東京では視聴できませんでしたが、視聴できる地域では、たかじんさんがやっておられた時からの人気番組とのこと。テレビをみたよ! と、30年以上音信が途絶えていた刑務官時代の幹部研修同期生が私を探しあてて連絡をくれました。「あれだけの人たちの知識とか思いがあの程度だとは!」と私と同じ思いを語ってくれたました。記憶をたどると、彼は出世欲のない真の矯正職員魂を持った方だったことを思い出し納得した次第です。囚われた人たちを温かい目で見ていた彼は、定年退官後、俳句の達人になって活躍しています。

 

 

「死刑についての徹底討論!?」への1件のフィードバック

  1. 私は尾道刑務支所に約四年入っていた者です。
    尾道は刑務官たちからの嫌がらせ、虐めが凄まじかったです。
    異常な物品制限、カメラ室収容。
    物品制限無しカメラ無しの雑居or独居ならカメラ室収容&物品制限とか。
    物品制限掛けてカメラ室入れるくせに昼間は皆と同じように工場出すとか、、
    今まだ2棟3階35室の洗濯工場の401番(しかも禁固)Hさんとか
    2棟3階33室の六実習老人工場99番Fさんとかが被害にあってます。
    私は二棟三階33室35室37室にて生活している(カメラ室収容者)尾道刑務支所で一番刑務支所から被害に遭っている受刑者達を人権救済してあげたいくらいの気持ちもあります。
    カメラ室で生活している人達は刑務支所及び刑務官から一番いじめられるポジションにいる人達です。
    私はもう出所致しましたが尾道刑務支所のやり方、汚さが許せないから徹底した圧力をあちこちにかけていくつもりです。
    尾道刑務支所はこれだけ収容者に酷い事している、してたって事実をあちこちの団体に報告致します。
    受刑者には何をしてもよいと本気で思っている尾道刑務支所刑務官達は許されるべきではないと思いますし、考え方を改めるべきと思います。
    また、出所してから驚いたのは尾道刑務支所及び同刑務支所刑務官があれだけ受刑者に八つ当たりして意味のない攻撃をし、いじめて受刑者達を苦しめてよろこんでるのに
    元受刑者達は刑務支所でやられたこと、刑務支所から受けた措置について誰一人としてインターネット等に投稿していない事実について驚愕致しました。
    私は他の元受刑者、受刑者達と違い、自分が刑務官刑務支所にされたことは永久に忘れませんし心の傷は永久に癒えません。
    今後ありとあらゆる所に抗議、報告し
    もしかしたら民事訴訟も提起するかもしれません。
    また、近々尾道刑務支所被害者の会というHPも立ち上げる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です