袴田事件はどうなっているのか

再審開始決定から一年、まだ再審を開始するかどうかを高裁で審理中

 

平成25年3月27日午後、突然飛び込んできたビッグニュースに私は耳と目を疑った。

死刑事件の再審開始の決定だけでも飛び上がることなのに、袴田巌さんについて「これ以上の拘置は不当!」と、釈放指揮まで言い渡したからだ。

死刑囚の再審は昭和54年に三件、同61年に一件認められているが、身柄は無罪判決が出るまで拘置されたままだった。

私は「この国の司法は捨てたものじゃない!」と、特別な感慨を持ってテレビの画面で袴田さんを見た。

あれから一年、再審裁判は一体どうなっているのか? と聞かれるが、まだ一年前のままであると答えざるを得ない。 検察の「再審開始の決定を破棄せよ」という抗告に対して東京高裁で審理中なのである。

 

もう残り少ない人生 早く無罪を確定してやってほしい

袴田さんは79歳になった。

東京高裁は速やかに検察の抗告を棄却して再審を開始させるべきだ。過去の再審無罪になった死刑事件四件を見ても再審開始決定から無罪判決を得るまでの期間は相当の年月を要している。

 

財田川事件 事件発生   昭和25年 2月28日

死刑確定   昭和32年 1月22日

再審開始決定 昭和54年 6月 6日

無罪判決   昭和59年 3月12日

再審開始決定から無罪判決まで3年9月

 

免田事件  事件発生   昭和23年12月29日

死刑確定   昭和26年12月15日

再審開始決定 昭和54年 9月27日

無罪判決   昭和58年 7月15日

再審開始決定から無罪判決まで3年10月

 

松山事件  事件発生   昭和30年10月18日

死刑確定   昭和45年11月 1日

再審開始決定 昭和54年12月 6日

無罪判決   昭和58年 7月11日

再審開始決定から無罪判決まで3年7月

 

島田事件  事件発生   昭和29年 3月10日

死刑確定   昭和35年12月15日

再審開始決定 昭和61年 5月29日

無罪判決   平成 元年 1月31日

再審開始決定から無罪判決まで2年8月

 

次回は袴田事件を再審開始を阻止しようとする検察主張概要を特集する。

袴田事件再審決定1周年集会のお知らせ

日時 3月27日(金)午後6時~8時

場所 東京・弁護士会館 2F クレオ

(地下鉄 霞ヶ関駅 Bb

ぜひ足を運んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です